セックスレスを解消したペニス増大トレーニングとは?

ペニストレーニング コラム

日本ではセックスレスになる夫婦が年々増加傾向にあり、今後さらに深刻化するのではないかと言われています。

セックスレスの原因は夫婦それぞれ異なりますが、場合によっては夫婦仲を悪化させる原因になることも。

筆者は現在43歳の男性。約5年前に妻とセックスレスになりましたが、ペニス増大トレーニングを行って、セックスレスを解消することができました。

今回は私がセックスレスを解消することができた、ペニス増大トレーニングについて説明します。

セックスレス

セックスレスに至った経緯

妻は現在44歳。

私より1歳年上です。

今から15年前、私が28歳の時に結婚をしました。

現在子供は2人。10歳と5歳の男の子です。

結婚当初は毎日あったセックスの回数が、長男ができた頃から徐々に低下。

次男ができる前は多くて週に2回ほどになっていました。

次男が生まれてからセックスの回数はさらに激減。

私が37歳の時でした。

妻のことを愛していたしセックスをしたいとは思っていたものの、いざセックスを始めるとペニスの勃起が持続しないのです。

ピストン運動をしてもなかなか射精することができず、いつの間にか萎えてしまう。

このようなことが繰り返しあったため、セックスの回数はいつの間にかゼロになっていました。

セックスレスを解消してくれたペニス増大トレーニング

ペニストレーニング

会社の同僚が教えてくれたペニスの勃起を持続させるための効果的な方法が、ペニス増大トレーニング。

妻のことは愛していたし、昔のようにセックスをしたいとも思っていました。

ペニス増大トレーニングはお金をかけることなく、自宅でも手軽に実行することができると知り、早速取り組み始めてみたのです。

私が実際に行ったペニス増大トレーニングはストレッチと、PC筋トレーニングの2つ。それぞれの詳細を紹介します。

ペニスに直接負荷をかけるストレッチ

ストレッチ

ペニスは主に海綿体という組織で構成されており、海綿体にはたくさんの血管が広がっています。

それぞれの血管を通る血液の量を増やし、血行を良くすることでペニスは硬く勃起して持続できるようになるのです。

やり方はとても簡単。勃起していない状態でペニスのカリ部分を指でつまみ、ゆっくりと伸ばします。

30秒かけて伸ばしたら、元に戻して30秒休憩。

これを5分~10分ほど繰り返すだけです。

ポイントは皮でなくペニス自体をつかんで伸ばすこと、痛みを感じない程度に伸ばすこと、毎日必ず行うことです。

入浴中は体が温まって血行が良くなっているので、ペニスを伸ばしやすいですよ。

勃起している状態でも同じようなストレッチをやると、さらに効果的です。

骨盤の下にあるPC筋トレーニング

PC筋

骨盤の下に位置しているのがPC筋。排尿や排便の他に、ペニスの海綿体に血液を送る役割も担っています。

PC筋は老化や、デスクワークなど長時間椅子に座る仕事をしていると弱くなるもの。

PC筋を鍛えることで勃起の持続時間が長くなります。

PC筋はお尻の穴を使ってトレーニングをします。

お尻の穴を5秒かけて締め、締まった状態をさらに5秒間キープ。

その後また5秒かけてお尻の穴を開いていきます。

これを10回繰り返すだけです。

1日に数セット行うのが理想なので、私は通勤電車の中やデスクワークの途中で意識的に行っていました。

トレーニングで勃起の持続力が増加し、セックスレスが解消した

セックスレス解消

ストレッチとPC筋トレーニングを毎日欠かさず行ったところ、半年ほど経ったころに朝立ちするようになりました。

朝立ちなんて何年ぶりのことでしょうか。自分でも驚きです。

その日の夜に久しぶりに妻にセックスを誘ってみたところ、ペニスの勃起がしっかりと持続して、最後までセックスを終えることができました。

私はもちろんのこと、妻も大喜び。

それ以降は毎日ではないものの、最低でも週に3回は昔のようにセックスができるようになりました。

ペニス増大トレーニングは費用を欠けることなく、いつでも始められるのが魅力。効果が出るまで時間はかかりますが、セックスレスを解消するために有効な方法の一つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました